20170604e1dx_G2I7713.jpg

犬猫サロンぷらす とは

はじめましてゆたか動物病院(旧動物病院+cafe)の礒野と申します。

2007年横浜市栄区に往診専門の動物病院としてプルテウス動物往診サービスを開き、2年後に診療施設として動物病院+cafeを開院しました。
(※院名は2021.8.15に、カフェ部門閉業と犬猫たちの譲渡施設を切り離した事にともない『ゆたか動物病院』へ改名。)

診療にあたる中で、ご自宅で介護が難しくなった子たちを預かったり

ご事情があり継続飼育が困難になった子の次の飼い主様が見つかるまでの間病院のペットホテルにてお預かりすることや、行政の職員さんと協力して地域の野良猫問題の解決方法の一つとして増えすぎた野良猫にずっとのお家を探す間猫をお預かりする業務を行っています。

2019年、開業からの10年を振り返り

お預かりする犬猫たちが今までより更に快適に過ごせるような場所、そして困っている飼い主様からのご相談を受けられる場所を...という思いで病院に隣接する建物を購入し当サロン「犬猫サロンぷらす」を2019.6.2オープンいたしました。

営業の業態として、動物病院の業務内容として行っている営利活動であるため
保護犬猫達は有料にてお預かりしております。
ただ、本来のペットホテルの料金は里親様が見つかるまで日数がかかると高額になってしまうため何とか保護主様の負担を軽くすることで
ご自宅ではお世話できない保護犬猫達を預けることができるようにならないかと開業から10年譲渡代行をしながら試行錯誤してきました。
無料でお預かりしていては施設維持が難しく、また保護犬猫達のお世話をする人件費も必要、そこでオリジナルグッズを販売しその利益をモデルになった子達のお支払いへ還元する事(グッズの利益分お値引きをする事)を思いつきました。
2022年現在、オリジナルグッズ販売を始めて5年経過したところです。(5年より以前は礒野自身が作った手芸品を販売していました)

実在する、ご縁を待っている猫達をモデルにすることを決まりにしているのは
その子のご縁探しのPR、里親様が愛猫グッズとできること、保護主様の記念となること...等の考えからです。
現状ほとんどの子が自分をモデルにグッズを販売し、自身の生活費を賄っています。